あんびしゃす保育園

北海道最大級の企業主導型保育園

当園について

子どもの大切な成長に寄り添う当園のスタッフたちです

園庭をお友だちと元気に駆けまわったり、泥んこ遊びに夢中になったり…。
多くの子どもたちにとって初めての集団生活である保育園での毎日は、
子どもたちの知的好奇心を満たし、
遊びのルールを通し社会性を育んでいける環境が大切です。
当園では、優れた専門スタッフが子どもと真剣に向き合い、
尊重し、成長を見守るとともに、 多彩なカリキュラムで、豊かな人間形成に努めます。

運営方針

  1. 子どもたちが心身ともに元気で明るく、人としての基本を身につけながら、社会に適用できる精神と力を育てます。
  2. 子育て中の保護者の方を支援しながら安心して預けられる保育園として地域や専門機関との連携を深め、園の質の改善をはかります。
  3. 子どもたちの無限の可能性を引き出すために、幼児期からの学力基礎づくりをして、未来にのびる力を育てます。
  4. 職員を含め保育士として子どもたちの成長を日々実感しながら「高い専門性・知識の習得・責任能力」に取り組むことができるように、仕事を続ける上での可能性や充実感が広がる、あたたかい職場づくりを目指します
  5. 園として地域の未就児の子どもたちや、その保護者に対しての様々な形の子育て支援など、子育てをベースに地域社会に貢献することを目指しながら、近隣の方々とのコミュニケーションを大切にして、日々取り組んでいきます
保護者に寄り添い園児の可能性を引き出す保育園を目指します

病児保育(病児対応型・体調不良児対応型)

当園では看護師が常駐し病児保育(病児対応型、体調不良児対応型)を行っております。

  • 病児対応型
  • 風邪などにかかった、病気中のお子さま(病児)を専用保育室で一時的にお預かりさせていただきます。「病気のため集団生活が行えない…」「仕事を休めない…」などという時に、ご相談ください。

  • 体調不良児対応型
  • 当園の在園児が保育中に微熱を出すなど「体調不良」となった場合、保護者様が迎えに来る間、当園の看護師が保育をします。体調が変わりやすいお子様を安心してお預け頂ける取り組みと、保護者様がお仕事の早退などを最小限にする体制を構築しております。

看護師が園児の体調に合わせて対応いたします

企業主導型保育事業

あんびしゃす保育園は「内閣府助成 企業主導型事業」の保育園として誕生しました。

企業主導型保育事業とは?

働くお父さん・お母さんの仕事と子育ての両立を応援するために誕生した「企業主導型保育所」をいいます。
働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスが提供できます。
連携先企業様にとっては、女性活躍の推進やワークライフバランスに取り組む企業としてPRが可能となり、優秀な人材確保につながります。

教室の様子
▶︎企業主導型保育事業についてもっと詳しく!